We wish children will bring smaile to pepple all over the world

  • 会社概要
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 買い物かご
  • 新規会員登録
  • マイページへログイン

入学式の装い

スーツや、ワンピースなど小学校の入学式の情報

入学式の子供服の情報をお届けします。
ご入学おめでとうございます。
ピッカピカの一年生!入学式が楽しみですよね。
ここでは新一年生にオススメの、かわいく、清楚で、上品な入学式のスーツや、
ワンピースをご紹介します。

他にも入学式の準備、心構え、当日の持ち物や、パパ・ママのスーツ
役立つ情報も満載。
どうぞ、入学準備の参考になさってください。

入学式の子供服はどんな感じのモノを選べばいいの?

入学式はあくまで学校の行事です。
初めて会うお友達もたくさんいますよね!
個性を出すのは良い事ですが、ここでは少し控えましょう。

入学式が終わっても、使いまわせそうなブラックや、紺系等のスーツが定番。
女の子であれば、卒園式では着ない、春らしいピンクや、サックス系の
ワンピースも人気があります。
あとは、七五三でも着て行けそうな装い等が人気があります。

入学式の子供服はどんな感じのモノを選べばいいの?

入学式の子供服はいつごろ購入すればいいの?

12月だとまだ少し早い気がするし、
3月だとギリギリのような気もするし・・・などと、
入学式の子供服の購入時期に悩んでいるお母さん方は多いですよね!

毎年、子供向けのフォーマルスーツのピークは1月初旬〜2月中旬ころまで。
大手スーパーなどでも、お正月頃からスーツコーナーが展開されます。
1月頃に「まだ、いいかなぁ〜」などと思っていると、2月の下旬頃には、
サイズによって、欠けてしまう物も出てきます。

気に入った物があれば、早め早めにお買い上げする事をオススメします。

入学式の子供服はいつごろ購入すればいいの?

入学式の子供服の選ぶポイントは?

たくさん種類があって、どの入学式の子供服を選んで良いのか
目移りしますよね。
5.6歳の女の子であれば、自分の好みが出てきたり、自己主張したいお年頃。
そうであれば、入学式の子供服は「子供が気に入った服」これが一番です。

洋服にこだわりがない男の子であれば、ママが何点かチョイスしてあげて、
その中から選んでもらえば、すぐに決まると思いますよ。

入学式の子供服の選ぶポイントは?

入学式の子供服を選ぶ6つのポイント

一生に一度の小学校の入学式。
失敗しないように入学準備を進めたいですよね。
入学式で着る、子供服は晴れの日の主役です。
ここでは重要なポイントをチェックして選びましょう。

  • 好み

    これが、一番重要なポイントです。
    お子様が気に入ったフォーマルウェアに
    してあげて下さい。

    お子様自身が気に入った洋服というだけで、
    ウキウキ気分で気持ちよく袖を
    通してもらえます。

  • デザイン

    定番の清楚で、上品なスタイルも人気ですし、
    リボンやハートが付いているものも人気です。
    動きやすいボレロ+ワンピースも
    根強い人気ですし、
    正統派のジャッケト+チェックの
    スカート等のお姉さんチックな
    装いも人気があります。

  • 着回し

    入学式の為に買った服ですが、その後に
    着る機会がなく、タンスにしまいっぱなしに
    なっているという声も多く聞きます。
    毎日ではなくても、
    せめて数回は着たいですよね。
    結婚式や、発表会、七五三くらいですが、
    普段でも着回しをしたい様であれば、
    あまり派手な物は選ばずに、シンプルな
    ワンピースなどが良いかもしれませんね。

  • 似合う

    気に入った洋服でも実際に試着してみたら
    似合ってなかった・・・という事は、
    大人の世界ではよくあることです。
    でも、子供の場合は気にしなくても大丈夫ですもし、不安でしたら、普段着ている洋服の
    カラーやイメージに近いフォーマルウェアを
    選ぶと安心ですよ。

  • 価格

    価格を抑えたいのであれば
    いくらでも安い物は売っています。
    ただ、それは見栄えが悪かったり、
    生地が粗悪だったりと、せっかくの入学式が
    台無しになってしまいます。
    生地が良いもの、縫製がしっかりしているもの等、最低限さえクリアーしていれば、少し位、高くても良い買い物が出来たと思います。

  • カラー

    男の子であれば、ブラックや紺系のスーツに
    シロ、サックスのシャツにネクタイ
    といった装いが主流です。
    女の子もブラック、紺等が多いですが、
    最近ではカラフルなピンク系や、
    サックス等も人気を集めています。

これでバッチリ!入学式

もう、入学式のフォーマルスーツは、購入はお済ですよね?
入学式は小学生の第一歩!初めてお子様の入学を迎える方は、期待と不安も感じている事でしょう。
そこで、先輩父兄さんの体験をもとに、入学式前日から、入学式当日までの過ごし方をわかりやすく案内します。

入学式前日

準備を整え、ゆっくり過ごそう!

式の当日、お子様が疲れないように、前日はあまり出歩かず、
ゆったり過ごしましょう。
必要な持ち物や、服を確認したら、目に見える所に出して
早目に休みましょう

前日に行うチェックポイント!

服装:入学式の服は一度着て、ボタンのほつれや、汚れを確認。
名前:上履きや、筆記用具等細かい物にも名前を!
機材:カメラや、ビデオカメラの充電、電池。メモリーカードや容量等も
   忘れずに!

チェック

当日の朝

当日の朝

早起きし、必ず朝食、ゆとりをもって支度を!

当日はお子様のご支度に時間を取られ、自分の準備がおろそかになりがちです。
せっかくの晴れの日ですから、家族みんながゆとりをもって準備しましょう。
忘れ物がないか、入学前日のチェック項目を再度見直してください。

アドバイス

当日、突然具合が悪くなったり、遅刻をしてしまいそうになったら、必ず学校の方に連絡を入れて下さい。

学校到着

時間を守って速やかに受付!

学校に着いて、すぐに記念撮影!と思っている人も多いと思いますが、
時間がある人はそれで良いのですが、それに時間を取られ
受付に遅れると大迷惑です。
記念撮影は帰りに!と決めて、受付に向かいましょう。

アドバイス

式の前は慌ただしく、お子様も緊張して、表情もこわばりがちです。
帰りの方がリラックスして良い表情になりますよ!

受付後

お子様と離れる前にトイレの注意を!

受付を済ました後、お子様は教室へ!親は入学式の会場へと
入ります。お子様と離れる前に、必ずトイレに行くように言い聞かせておきましょう。
また、式の途中でも、トイレに行きたくなったら、先生に話をするよう
に!と教えておきましょう。

アドバイス

トイレの注意とともに、ハンカチも持たせておきましょう。
学校のトイレには備え付けのタオルはありません。
手を洗ったらハンカチで拭くように教えておきましょう。

入学式本番

マナーを守って、心に残る入学式に!

小学校の入学式は親にとっても、一生忘れられないものになるはず。一人一人がマナーを守って大切な時間を過ごしましょう。
もちろん、携帯電話の電源は切るか、マナーモードに設定しましょう。小さい弟妹を連れている時は静かにさせておきましょう。

入学式本番

アドバイス

席を立って撮影をしたり、自分の席で三脚を
立てたりするのも周りの方に迷惑になります。
カメラばかりのぞいていないで、
自分の目でお子様の晴れ姿を見てあげて
下さい。

アドバイス

式は40〜50分位かかります。
入学式だけではなく、小学校は椅子に座って
話を聞くことが多くなります。
お家でも、椅子に長時間すわる習慣を
身につけさせておきたいものです。

教室内

大切な話を聞き逃さないで!

式の後、親も一緒に教室に入り、担任の先生のお話を聞きます。
大切な話なので、メモを取りながらよく聞きましょう。

アドバイス

教材や、配布物の中身をチェックしましょう。

記念撮影

スムーズに並んでニッコリ!

受児童、親、先生とクラスみんなが揃って記念撮影。
カメラマンの指示に従ってすばやく並び、顔を上げて、
良い表情で写りましょう。

アドバイス

初めて顔を合わせる保護者の方と仲良くなるチャンスです。
積極的に話しかけてみましょう。

帰宅

通学路の確認をしっかりと!

帰りは寄り道をせず、正しい通学路を通って帰りましょう。
危ない場所や、横断歩道の渡り方などを教えながら帰るといいでしょう。

アドバイス

帰りは荷物が増えるので
忘れ物に注意を!

アドバイス

親が何気なく言っている、先生や、
ほかの児童の悪口等、子供はちゃんと聞いています。
学校のマイナスになるイメージの事などは言わないようにしましょう。

帰宅

ママ&パパスーツ。身だしなみ

お子様の洋服に気が入ってしまい、ご自分の服まで気が回らないという方へ。
春の訪れとともに、学校生活が始まる大事な入学式。
ここでは、式に華を添えるママのフォーマルコーデをご紹介します。

ベーシックスタイル

スーツ

卒園式とは違い、少し明るめの春を匂わす、パステルカラーに人気がシフト。
淡い色調のマザースーツが定番。
お子様と一緒に写る記念写真を考慮して、カラーのバランスもチェックしたいですね。

バッグ

見た目も機能性もクリアーするバックが◎入学式は、お子様の教科書や資料などの荷物がたっぷりです。
バッグは収納力があって華やかなスーツにもマッチするデザインを!
丈夫で軽いナイロン素材や清潔感のある、白のバッグもオススメです。

アクセ

お祝い式ですので、コサージュや、ブローチなど、きらびやかな小物が最適です。
ただし、ゴールドのアクセをジャラジャラつけると下品になってしまうので気を付けましょう。

フェミニンスタイル

スーツ

ママの優しさをたっぷりアピールする、やわらかカラーが人気。
春色のアンサンブルスーツが狙い目。

バッグ

上品でかわいい、キルティングバッグがオススメ!
女性らしさ満載のキルティングバッグは、フォーマルはもちろん、デイリーに持てる、
使えるアイテムの一つです。

アクセ

トレンドの七分袖は手首が寂しくなりがちです。
大ぶりのブレスレットを着けるとトレンド感もアップします。

クールスタイル

スーツ

シンプル is ベスト! 本命のスーツはネイビーorブラック
入学式にも、卒園式にも着られるスタンダードなスーツ。
差し色の小物をミックスして自分流の着こなしを楽しんで!

バッグ

シャープな印象のエナメル素材のバックが、かっちりスーツに軽さを出します。

パパのスーツ、ネクタイ、シャツの身だしなみは?

入学式は自分と、お子さんの洋服に気を取られ、お父さんのスーツお父さん任せにしてはいませんか?
でも、任せっぱなしにしておいて、あとから恥ずかしい思いをするかもしれません。
入学式のスーツ、ワイシャツ、ネクタイ、靴下の選び方をご参考にして下さい。

お母さんのスーツとは違い、目立たないことが重要です。
お母さんは華を添えますが、お父さんは無難な服装にまとめるようにしましょう。

スーツ

入学式の服装はスーツですが、略礼装いわゆる、ビジネススーツで結構です。
色としてはグレー、紺系、黒系等のダークスーツです。
シングル、ダブル等と決まりはありませんが、最近ではダブルを着られる方は少なくなっています。
これから購入するのであれば、シングルの方が一般的で、無難かと思います。

ワイシャツ

ワイシャツについて、白無地が基本ですが、淡いブルーなら清潔感もあり大丈夫でしょう。

ネクタイ

入学式や、卒業式のような式典であればシルバーがオススメです。
無い場合は、白(結婚式)黒(葬式)などの単色は避け、落ち着きのあるワインレッドや、ネイビー。
もしくは、春らしい、淡く明るさのある色がオススメです。

靴下

うっかり見落としがちなのが靴下です。
靴下は目に見えない為、ワイシャツや、ネクタイと違い気を配らない方が多いですが、入学式の会場では、
スリッパに履き替えますし、座って足を組むと靴下が見えてしまい、非常に格好が悪く、恥ずかしいです。

目立たないをテーマに、靴下選びの4つのポイントをお教えします。

  • 1. 靴と同系色にする
  • 2. 無地が基本(同系色のドットや、ストライプならOK)
  • 3. 薄手の生地
  • 4. くるぶしから最低15cm程度あること

以上のことをふまえて、素敵な入学式にして下さい。

ページトップへ